テーマ:自然

竹富町自然環境保護条例改正に係る意見の全文公開

去る2017年2月10日に「竹富町自然環境保護条例改正に係る意見」(パブリックコメント)を送りましたが、竹富町発表の実施結果のとりまとめ表 http://www.town.taketomi.lg.jp/uploads/fckeditor/uid000012_20170331175907e372e9b3.pdf とは一部文意が変わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~寄り道編

ドブ川かーらーメーリクリスマース さて、こんなドブにどんな生き物が顔をだしてくれるのか? 今日もガサガサしていきましょう! ・・・                        このレベルは                        無理。 流石…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新人タケのつぶやき その59 川丼

こんにちは タケです。 今回は休日に川に行って採集をしてきたので、それを食してみることにしました。 最近腹の具合も悪く粗食を心がけているので、焼き魚とご飯と味噌汁という至って純和風な私たちの遺伝子をくすぐる素敵な食事となりました。 採集してきたものはテナガエビとカマツカとカジカです。 カマツカは現在あまり食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウナギの完全養殖

こんばんは 今日は念願のレプトケファルスを見に行きました。 衝撃でした。 東京に行ったついでに友人とも旧交を温めてきたので帰宅が遅くなりました。 詳細はまた今度報告します。 あと前のGWブログで情報をくれた「中の人」さん本当にありがとう。 プレレプトケの顔が怖すぎる・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナグモ

この緑の綺麗な蜘蛛はハナグモという蜘蛛だそうです。 この間水槽の外側についてました。        このようにたまに意味不明なポーズをとります。 この間タケ君が「あっハナグモだっ、最近見ないなあ」とか言っていたので、とりあえず私がカメラをもってきて激写してみました。 確かにこのグリーンはなかなかのものでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

透明鱗ゴイその後

以前ブログでも紹介した透明鱗のコイです。 相変わらず頬は赤く抜けているのですが、体色が始めは白っぽかったのに今はかなりマゴイの原色に近い感じです。下は約1ヶ月前水槽導入直前です。 大変貴重なものなのでウイルス対策のため25度前後で飼育しておりますので、夏場はこんな色なのかもしれません。 透明鱗モザイク系は時間ごとに様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き34 スイレンの水槽内開花について

こんにちは 新人のタケです 今回はスイレンの水槽内開花についてです。 肥料食いで、日光大好きなスイレンですから、なかなか水槽では難しいのですが、窓際の水槽でつぼみを発見しました! 真ん中のがそうですが、見えるでしょうか。 普通開花を目指すなら、ヒーターとメタハラもしくはダブル蛍光灯×2とかで臨むよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりぼっちのグーラミィ

撤退後の問屋さんの片隅で唯一取り残されていたので、水槽といっしょに連れてきました。 保温をやめて数日になるので、すでに温度は10度ぐらいだったと思ったのですが、結構元気に泳いでおりました。 1,2cmの水深しかない600×450×450の水槽で何か動いたような気がしてみるとこの魚でした。 しかし数百坪はあろうかという元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

stand by me

こんな寒くて雨の日はこんな気持ちよく晴れた日が見たいものです。 この間、突然湖に行きたくなって、通りがかりにいい感じに過疎っているところがあったので写してみました。 線路もなくて列車が通らないとわかってはいるのですが、つい緊張してしまいます。 望遠カメラを持った人たちでいつもはがらがらの湖畔が大渋滞でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半緋鯉・ハーフレッド

こちらがなんと呼んだらよいかわからない緋鯉風の個体です。 なんとなく写真で見ると緋鯉っぽいのですが、上から見ますと浅黄のような色も見えます。 この辺が緋鯉の原点、錦鯉の原点なのかもしれませんね。 顔の写真です。黒い色素が結構残っているのがわかります。鰓は全く透けてませんが、目が真っ黒なあたりが少し透明鱗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金太郎鮒

入荷したてのキンブナです。少しすれていますが、金の鱗に赤いヒレが見事です。 フナ類はどうしても鱗がはがれてしまうのですが、少し飼い込むことによりかなり鱗がはがれにくくなります。 関東では金太郎鮒と呼ばれることもあったそうですが、この鮒を金太郎鮒と呼んでいる人に残念ながら出会ったことがありません。 強そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き30 アクアドロリウム

こんにちは 新人のタケです 泥です。 沼地です。 最近いった沼に吸い込まれそうになりました。 沼は危険です。ちょっと魚とりに集中しちゃうと膝まで泥にめりこんでいて、怖かったです。 みなさんはどんな魚や生き物を水槽に入れてますか。 実は淡水魚で流れがあるところに住んでいる魚のほうがずっと少ないような気がしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオジロザメ

こんばんはヨウです。 本日は非常に重要な仕入れがありまして残業です。 ただいま水あわせ中です。 私最近まで病院に通っていたわけなんですが、治療室でDVDが流れておりまして、サンゴ礁の魚かアフリカの動物なんです。 当然極度の魚類依存症である私は前者ではないと非常にがっかりするわけです。(その病気で通っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nipponia nippon zetumetusitendus 2

今日も平和な一日かと思いましたが、こんな記事を目にしてしまいスイッチ入りました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100310-00000072-jij-soci またいつものお役所やらかし、だれも責任取らない系のしょうもない話、アユモドキの次はトキかよ。 と思ってみていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックバスもいい魚です。

つい先程ガサしてきました。この3匹を捕まえ、その場で殺処分をしてまいりました。 正直とても気分が悪いです。少し運動しようと思って近所の沼に行ったのですが、獲れたのはこの3匹だけでした。 気分が悪いのは近所が外来魚に占領されているからではありません。(この沼はとうの昔に国内移入種の大量放流と河川工事で原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーギルはいい魚です。

南湖を巡回、外来魚を卵から駆除 産卵場マップを作製 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000006-kyt-l25 今日はタケ君のお題「泥底が似合う魚」をやろうと思ったのですが、こんな記事を読んでしまった以上また書かずにはいられません。 現在の琵琶湖の状況をみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コイとたいして愉快でない仲間たち

少年時代、私達の仲間の中ではコイを釣った奴が一番威張れました。 投げ込み仕掛けは螺旋おもりが良いだの、エサは「大ゴイ」だの「コイパワー」が最高だの「一日一寸」だの、わかったようなことを子供ながらに討論していたような気がします。 そういえばカレーの臭いしかしないやつとか、にんにくの臭いしかしないやつとか本当にこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワメバリィ

池から上げたとき一瞬ニューギニアダトニオかと思いました 12センチを超えているようですね。 すごい貫禄です。 鰓蓋の青点が目に見えることからヨツメなんて呼ばれたりします。 和名のオヤニラミはいろいろ説があるようです。 目の周りの歌舞伎ものみたいな模様が睨んでいるように見えるとか、保育中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲンゴロウ

タケ君が「今日はゲンゴロウの写真撮ったんでブログお願いします。」というので、さっきパソコンをつけるとこの写真がトップでした。 一瞬いやがらせかと思いましたよ。(ちなみにこの前まではヒドラだった・・・) オスメスの違いとか養殖の難しさとか書こうかと思って写真見てみましたが、 こんなのや(横顔?) こんなのや(顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き25 ホザキノフサモ、空へ

こんにちは 新人のタケです。 ホザキノフサモが遂に旅立ちます。タイトルがガンダムっぽいからってガンダム的な旅立ちをするわけじゃあないんですが・・・。 思えば川で頑張って冬を越えようとしている子達を見つけてから、うちの温室でトリミングして綺麗なったフサモちゃん。うーん感慨深し。 before↓ after…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き24 仲良し混泳

こんにちは 新人のタケです こないだ紹介したカゼトゲタナゴが入っている水槽には結構元気に泳ぎ回るヌマムツが住んでおります。 一緒に住めるかどうか様子を見ていたのですが、 仲良くやっています。 むしろ前から気になっていたヌマムツ同士の追っかけすら見なくなりました。 逆に良かったのかもしれません。 ヌマムツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き22 カゼトゲタナゴと日淡水槽

こんにちは 新人のタケです 今回はカゼトゲタナゴです。 こんなかんじ まだ大人じゃないですが、大きくなっても大体5cm前後で、タナゴとしてはかなり小さいほうです。 日淡水槽が寂しかったので、もう少し魚をいれたいとヨウさんに相談したら、この魚を薦めてくれました。 まだ入れて半日ですが、前の方にもでてきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き21 ヌマムツ3

こんにちは 新人のタケです ヌマムツのエサ取りが早いという話をしましたが、 動画を取ってみました。 どうでしょうか。 ぴゅんぴゅんしてますね。 こいつらがエサとるのが上手すぎて、他の魚がやせ細っていくようです。 ヌマムツダイエット流行りますね2010は。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイリクバラタナゴ

部下達「前の日淡ブログ良かったんで、ブログ1万アクセス記念に一発熱いのお願いします。」 私「吼えてもいい?」 部下達「ダメです。」 しかーし、なんとこの魚をとうとう話題にしてしまうのであった。おおっデンジャラース! そうTバラこと「タイリクバラタナゴ」です。 この魚程、この世の矛盾と儚さとやるせなさと楽しさと美しさと恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チチブ&ヌマチチブ

タケ君が次のブログは「ボス、日淡の濃厚なやつお願いします。」とのことですので、彼がせっかくの休みをつぶして捕ってきたヌマチチブーと私が3年ぐらい飼い込んでいるチチブーの違いについて語ってみたいと思います。 さて主な淡水域にはこの属には3種いるとされております。最後の3種はナガノゴーリ(本当はナガノゴリ)といいまして、申し訳ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き19 ヌマチチブ

こんにちは 新人のタケです 今回はヌマチチブです。 先週の土日に川にいくタイミングがあったので、ウェーダーを着てガサっちゃうぜーって感じになったのですが、 川についてみると石ころと巨大な堰しかなくて、途方にくれた挙句に、そのへんの石ころをどかしながら網をいれて取れたのがこいつだったというわけです。 大中小と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き18 リシア(カヅノゴケ)でラピュタ

こんにちは 新人のタケです 水草担当です カヅノゴケ(リシア)がとうとうわが社にもやってまいりました。 リシアというと底に沈めてリシア絨毯で底砂を覆うリシア水槽が流行りましたが、 新人水草担当のタケとしては 「これからはリシアメガフロートスタイル(そのままじゃねーか!!)が来る!!」 と勝手に予想してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き17 ヌマムツ2

こんにちは 新人のタケです。 今回は、11月に記事にしたヌマムツその後をお知らせしたいと思います。 3匹とも元気にやっております。 人影を見つけると必ず奥の方にいってしまいます。 川で見かけるハヤそのものの動きをします。人に懐くわけでも、極端に嫌うわけでもない、野良猫みたいな感じでしょうか(笑) 飼っていても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き10 フサモちゃん

こんにちは 新人のタケです。 このコーナーも遂に第十回を迎えてしまいました。 思えばいろんなことを新人なりに考えてコラムを書いてまいりました。 水槽の台を作ったり、会社の水槽のレイアウトをしてみたり、自分のとってきた魚のことを書いてみたり。 結構まとまりが無いのが残念なのですが(笑) 年も無事に越しまして、昨年を振り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more