竹富町自然環境保護条例改正に係る意見の全文公開

去る2017年2月10日に「竹富町自然環境保護条例改正に係る意見」(パブリックコメント)を送りましたが、竹富町発表の実施結果のとりまとめ表 http://www.town.taketomi.lg.jp/uploads/fckeditor/uid000012_20170331175907e372e9b3.pdf とは一部文意が変わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が川魚販売を止める訳

皆様、こちらのブログの長らくの放置申し訳ございませんでした。 長らく!?・・・すいません。また血圧が・・・・ 気を取り直して私が川魚の販売を休止した理由について説明させていただきます。 まずは長い間当店の川魚ファンでいてくださった方達にはお詫びを申し上げたいと思います。 常連の皆様にはさぞかしがっかりさせてしまったと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

エビヤドリツノムシの末路

獲り出したりますは、ごく普通のミナミヌマエビでございます。 しかし、突然頭から白い角が・・・ ピコーン、父さん妖気です! これが噂のエビヤドリツノムシです。「わーいわい」みたいで楽しそうですね。 私はちっとも楽しくなかったので塩を入れてやりました。 するとどうでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アユモドキの塩焼きもどき

スーパー探したけどどこにも売ってないんですよ、アユモドキ 仕方ないので、アユモドキに似ているといわれているアユを買ってきました。 このままでは寂しいので、ヒゲをありあわせのひじきであしらってみました。 まあ本当に寂しいのは今ブログ書いてる私なんでしょうけどね。 本当は6本なんですが、よりリアルにやるに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ザ・日本のミナミヌマエビを求めて ザ・ラスト

さて「ザ・日本のミナミヌマエビを求めて」シリーズも最終回です。 今回は究極に寂びれた山村が舞台です。 目指すはため池のミナミヌマエビです。 もちろん管理している農家の方には前もって許可をいただいております。 知らぬ仲ではないし、一応顔パスだと思いますが、このように他所で遊ばせていただくにはやはり礼儀正しくすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~埼玉県長楽用水

前回の内容では何が何やらわからなかったと思いますので、今回はきちんと振り返りたいと思います。 今日と言ってますが先週の今日です。 場所は埼玉県の長楽用水という場所です。 古くからタナゴ釣りのメッカとして有名なところです。 ここにおいて甚だ由々しき工事が行われたというお話を、去年お客様よりいただいておりました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

エビヤドリツノムシ

事件は現場で起きているんじゃない! 額角で起きているんだ! 事件は16番目の個体撮影のときに起きました。 なんとミナミヌマエビが鼻水を垂らしているではないですか! 花粉症がエビにもあるとは意外です。 そうですねぇ、年々ひどくなりますからねぇ などと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・日本のミナミヌマエビを求めて 桃源郷完結編

でかい。相当でかい。まさかどざえもんでは。 全く逃げません。ここまできてようやく手が少し動きました。 相当お疲れのようですが、生きています。 ここまで近づいても全く逃げる気配がありません。 それどころかこの眼です。 「察しろ。」 「御意。」 気を取り直して、採集を開始します。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ザ・日本のミナミヌマエビを求めて 桃源郷編 

ここがミナミヌマエビ「イズブルー」のふるさとです。 「たのむ!生き残っていていてくれ!」そんな気持ちで強い風の中、水中を覗き込みます。 いる・・・アホみたいにいる・・・ いないところを探すのが難しい状態です。 わずかひと網でこの通り。 むしろこれでは異常発生です。 片道6時間、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

額角撮影チーム「ザ・ロストラムズ」

闇に光る怪しい装置、その名も「ザ・ロストラム」 今日はその恐るべき構成メンバーを紹介しようと思います。 メンバー1、「百均ケース」です。最寄の百均で買ったものです。 本来ならば、自作あるいは特注のガラスケース又は高級アクリルケースで格好良くいきたいところです。 ところがフィールドの実用も考慮に入れると、砂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たぶんミナミヌマエビの額角

以上、すべて別個体になってございます。前回の採集個体たちです。 最近夜な夜な 「おーいいねぇ」 とか 「ちょっと角度変えてみようか」 とか言いながら撮り続けていた訳です。 さて私がこのような変態的奇行を繰り返しますのは、野生個体の額角について特に知りたかったからです。 というのも飼育個体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・日本のミナミヌマエビを求めて ※今回はドブ川ではございません。

「向かうところドブのみ」 そんな世間のダークな評価を覆す緊急フィールド企画。「ザ・日本のミナミヌマエビを求めて」 とりあえず、ザ・つけとけみたいな時代は確かにありました。 第一弾は、とあるのどかな山間部の田舎です。 エコノミー症候群の2歩手前ぐらいの状態から回復するや、採集を開始します。 早速バケツ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィールドイェイ

フィールド行ってきました! おお~ドブじゃない!ドブじゃない!  DOBUジャナイヨ! うれしすぎて思わずカタコトになったのもつかの間。 まいどっ あ~どもっ、まいどっ ちくしょう。何でだ。(もとから割れてます。) ドブが私を呼ぶのか、私がドブを呼ぶのか。 しかもス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~ざる1号作戦

2013年1月「今日のドブ川」シリーズは意外な苦境の中にいた。 極々一般的で、普通に子供が使うような、またどの釣具屋でも昔から販売実績があり、どこのホームセンターにも置いているタモ網(=サデ網の一種らしい)の使用が違法という見解を持つ方が、河川採集について担当している県職員にいる。 つまり市販の網ではガサガサが出来ない。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沼津深海水族館に行ってきました。後編

最近イカに話題もろもろを持っていかれたダイオウグソクムシです。 こちらも深海生物なので光がだめみたいです。 ちなみに全く動きませんでした。 噂どおりいい面構えです。コオイムシ思い出しました。 うっうるとらって でーんとしてました。でかいです。実はかなりレアらしいです。 これは私結構気に入りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~埼玉県川島町その役所のあまりにしょぼい対応

現場です。ポンプに小魚がバンバン吸い取られています。金網に突き刺さっているのはタナゴとフナです。 ちなみにこの町には このような内容の看板が乱立しております。もう釣りすら許さないようです。 このことを念頭において時系列で本日のドブ川を振り返ります。 まず毎週用事で通りかかる場所で工事をやっていたのですが、見る…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more