テーマ:自然環境

ボウズハゼその2

出荷のパッキング時に撮りました。 実は水中ではなくビニールの上に張り付いています。 「とうっ」という感じで張りつきます。 胸鰭と口で張り付いているようにも見えますが、胸鰭の吸引力が非常に強く完全に壁を捉えます。 吸着力に話が及びがちなのですが、実は彼らのすごい所はこれだけではありません。 遊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウダルマタイシと青ダルマメダカの群れ

これは道端で胡坐をかいてワンカップを飲んでいるおっさんではありません。 昨日のトウキョウダルマガエルです。 恐らく前からこの辺をうろちょろしているやつです。 昨日の朝はここにいました。ちなみに足元がぬれているのはおもらしではなくハスの葉に水が溜まってるのだと思います。 昼間は適当に暑さをしのぎ、夕方ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギンヤンマ系のヤゴ

こんな顔をしている奴が悪い事をしない訳がない。 というのは偏見といいたいところですが、事実です。 あくまで魚を特にメダカを殖やしている人間にとってですが・・・ もう少し大型になると思います。 ギンヤンマの仲間にも何種類かいると思いますが、勉強不足で特定できなくすいません。 このタイプはどの種も非常に食欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカナマズ→チャネルキャットフィッシュ

Channel catfishと書きます。 channelとは水路のことで、水路に結構いるからこの名前がついたとか聞いたような気がします。 水路といっても日本のよくみる小さな用水路ではなく、どちらかというと運河のようなUSAサイズの水路だと思います。 もう5年ぐらい前だったと思いますが、霞ヶ浦の用水路でタナゴを釣っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スモールマウスバス

この絵が気に入ってついパンフを持って帰ってきてしまいました。 ご存知の方も多いと思いますが、ブラックバスという言い方は多くはラージマウスバス(以下ラージ)とスモールマウス以下(スモール)を指します。 ちなみにフロリダバスはラージ扱いでいいと思います。 上の説明にありますように、なんといっても冷水、流水対応と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き その58 カナヘビ

こんにちは 新人のタケです。 この時期、地面をチョロチョロしてるひょろ長いヤツを良く見かけませんか? かなり素早く動き回ってなかなか捕まえられませんが、社内でウロチョロしていたのでブログのネタに丁度良さそうだったのでゲットしてみました。 カナヘビです。 ちなみにオッケーフィッシュファームでは爬虫類を取り扱う免許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウダルマガエル

これは温泉に浸かっているメタボなおっさんではありません。 トウキョウダルマガエルという立派なカエルです。 子供の頃からずっとトノサマガエルと呼んできたので、今でもトノサマと呼んでいます。 今日みたいに思いっきり近づいても逃げない時もあれば、一瞬で姿をくらませる時もあり、結構onとoffが激しい感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウネンエビ

先日社内会議にてこのすばらしき田んぼの儚い生物を保存しようという決定が下されました。 その名も「豊年永年私財法」です。 また極寒なことを言い切ってしまいましたが、これは田んぼ土にホウネンエビとカブトエビを別々の発泡スチロールケースに入れ、毎年発生を楽しむといった独創性と経済性のかけらもない今更感がほとばしる企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼの力2011 

いきなりですが宇宙人はいます。 しかも相当な悪意をもって侵略行為を行おうとしています。 というのはうそでこれらはカブトエビがホウネンエビを捕食している瞬間を撮っています。 中央のオレンジ色の物体はホウネンエビの尾で撮影中も休むことなく食べ続けておりました。 真ん中の下にみえるのはホウネンエビの卵です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こないだのドブ川

5/23の撮影です。 この流域は5キロ以上にわたり、全く護岸がない水路でしたが毎冬数キロづつ護岸をしていき、この冬とうとう水路のほぼすべての護岸を終えました。 直ぐ脇にある田んぼの水路へ続く流れ込みです。水質は埼玉県お約束のドブ水質です。 実はこの写真の真ん中付近にメダカをとらえたと思ったのですが、写真が下手くそで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 H23 5/23 

今日は見事ななんちゃて魚道を紹介いたします。 全国的にもこのような、「やっつけ魚道」「魚のことを慮っているつもり魚道」「パフォーマンス魚道」以下略は多いです。 ただこの高低差と狭さで、このような能無し魚道はあまり見ません。 「見ているそばから魚たちが次々と遡上してくるのが見えます。」というようなことはまずないでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボシタビラ 2011 5/21

セボシはついこの間まで色が自粛気味だったのですが、昨日今日の暑さでいよいよ本気を出してきました。 オスは成熟するにしたがい、その名前の由来の背鰭基部の黒点が消失していきます。 これから1ヶ月ぐらいはすばらしい婚姻色を見せてくれると思います。 タビラ系の発色はボディーのメタリック感も手伝って、発色自体も非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちのあまかへる

例年通り田んぼに水が入り、どこからともなくやってまいりました。 どうやら水生植物用の土ストックの中で出られない感じでした。 当初は田んぼの土や荒木田土なども使っていたのですが、一度水が濁ると澄み難いのでいろいろブレンドして工夫して作っております。 水は溜まってないのに、なぜここに飛び込んでしまったのか全くわかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサザについて思ふ事

出荷の用意も終わり、夕方ふと気がつくと水生植物がストックのくせに結構いい感じだったので撮りました。 これはタケ君が時間が空けばひとつひとつ鉢植えにして並べていっているのです。 本人は特に配置に気を遣ってないそうですが、無作為に並べてあるにしては結構絵になる気がします。 しかし特筆すべきはアサザの大きさで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き 55 国産マツモ

こんにちは 新人のタケです。 忘れ去られた気もしますが、去年売り切れてから皆さんの水槽に入るように繁殖を頑張ってきた国産マツモがもっさり出来ました。少しですがお分けする事ができそうです。 この水槽では手狭だな~と思い、お隣の水槽に移したら・・・。 判りますでしょうか、葉をたたんでいますね。 環境が変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィールドその2

去る15日の日曜日またまたフィールドに行ってきました。 またしても遊んでいた時間より、運転時間が長い旅でしたが、やはり現場は最高です。 青い空に、植林地獄のない山、いいところです。 昼過ぎにまずこの場所で採集です。 早速この辺で捕れた生物を紹介していきましょう。 シマヨシノボリです。ピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 追憶編

「伝説の逆転さよなら満塁ドブ川」 そんな称号がふさわしい実に不愉快なドブ川です。 生活排水と上流からこれまた生活排水を程よくブレンドした河川水がちょろちょろ流れ込んでおります。 しかも撮影当時、冬とはいえこの水深数センチのシラサギさんいらっしゃい的なところに驚くべき看板が・・・ いったいこの水路に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県産ヤリタナゴ H23/5/10

ひげ長いですね~ ヤリもいいよな~ 今朝、水換えをしようとストック槽を覗き込んだところ、写真が撮りたくなり衝動撮りしてしまいました。 肉眼ではもう少しグリーンが強く見えてかっこいいです。 角度によって色の輝きが違うところがまたなんともいえないところです。 追星は出てきているので、全盛の7、8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 H23.5/5

                            埼玉県3号                               埼玉県4号 こどもの日なのに・・・ めでたい日なのに・・・ 祝日なのに・・・ GWなのに・・・ この企画です。 「空気読んで下さいよ。」 そんな部下達の声が聞こえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラヒガイ?

おとといの写真です。 これもビブラ(アブラヒガイ×ビワヒガイの略)かもしれませんが、一応今産卵させております。 背中の黒斑がもう少し消えないとだめな気がします。 一応初産なので、もう少し大型化したときどうなるかも見てみたいです。 なにせ初めて飼育、繁殖をしますので・・・ みんなの味方、養殖ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き その54 来訪者1

こんにちは 新人のタケです 春も山場を越えて暑い日もちらほらと出てくるようになりました。 こうなってくると我が社にはたくさんの「お客」さんがいらっしゃいます。 キタテハでしょうか。名前の由来は黄色い羽を立てとまる様子からということです。 地味なのか派手なのか良くわからないけど近づいて観察すると結構おもしろいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年4/30撮影 シロヒレタビラ

昨日のはあれなんで今日は美しいものを。 「ボス、なにやらメダカストック水槽に美しい魚がいるので判別して下さい。」 そんな訳で、私が秋にメダカ水槽に勝手に入れたのは、シロヒレタビラ70%発色(推定)でした。これから追星が出て、さらに真っ青の完全体になります。 このタビラは非常に青が強いのです。 タナゴ類はかなり産卵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 

埼玉県1号 埼玉県2号 まだ私が若かりし頃、あとまだテレビというメディアが腐りきってない頃「プロ野球ニュース」という番組がありまして、「今日のホームラン」というコーナーがあったのですが思い切ってパクってみました。 目にしたドブ川をさらしものにして、行政に反省していただく企画です。 さて上の写真は天気がよくて結構綺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマヨシノボリ

出荷の際に魚体をチェックしようとしていたところ、あまりにも美しいので写真をとりました。 写真が下手なのと、光の加減もあると思いますが実物はもっと綺麗です。 タナゴ類と比べても全く遜色ない美しさです。 まあこのようにいきなりみんなで産卵期に入るものですから、殖やしたいものは準備、病気や産卵期の喧嘩と今時分は本当に大変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チスイビル発進

最近月曜日に半日で仕事をあがり、フィールドに出る事にしています。 昨日なんかは渋滞にはまってしまい、関東なのに往復6時間採集時間1時間というひどいタイムスケジュールでした。 つい撮影そっちのけで遊んでしまうのでなんなんですが、なかなか春らしい写真をどうぞ ザッツ、チスイビル! 幼い時分、葉っぱがくねくね泳いでいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚め

皆さんこんばんは あまりに驚く事が多すぎました。 なんといいましょうか、私のブログは基本毒舌調なのでどうしたらよいか全く見当がつかなかったのですが、あまり気にしているのもかえって良くないらしく、そろそろブログの方でも目覚めてみようという事になったわけです。 最近「自粛は良くない」なんて言葉が結構聞かれますが、自粛までい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き その53 命

こんにちは ご無沙汰しておりました新人のタケです。 日本国民が東北関東大震災で受けた悲劇はまだまだ大きな傷跡を残したままですが、 それでも生き残った人たちは立ち直ろうと前を見続けています。人はたまに止まる事はありますが、それでも死ぬまで進むしかないんです。 受けた傷の大きさは人によって違いますが、僕はこの痛みを理解する事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふじみ野市産業祭り2010その7各論編~マゴイ

No!マゴイ!No! さて、今回ものっけからテンション高めなのは、これが心の叫びなのです。 Enough! Carp! Enough! でも構いません。それほどコイは放流されすぎです。 昔の偉い人も「放流はコイに始まりコイに終わる」とか言ったとか言わないとか。 先日もニュースで六郷用水を復活させようみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふじみ野市産業祭り2010その6各論編~ギンブナ

YES!ギンブナ!YES! さて、珍しくのっけからテンションを上げてみましたのは、このペースだと今年中に産業祭シリーズを終わる事が出来ないという圧倒的恐怖感からで、決して気がふれてしまった訳ではありません。 そんな訳で今日は実は順番も間違えていたのを軽く訂正して(その4が二つあるらしい。)「ギンブナ」やっていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もありがとうございました。来年も何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは。代表の中村です。 毎年恒例のブログでのご挨拶の為、本日も現場から皆様に愛をこめて書いております。 私が「愛」などと口にすると軽くめまいをおこす関係者様もおられましょうが、まあ世知辛いご時勢ですので言わないよりは言った方が良いということで。 今年を振り返りますとなんといってもクニマスだと思います。 恐らく一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more