テーマ:アクア

レッドビーシュリンプ モスラ

Bグレード繁殖水槽にひときわ目立つモスラタイプが生まれていました。 「モスラ」はレッドビーシュリンプの品種名称です。 胴体部分の赤がほとんどない個体がモスラタイプです。 写真は頭の赤が大きいのでモスラとしてはそこまで良い個体ではありませんが、 これはこれでいいんじゃないでしょうか。 親ばかでしょうか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオウナギ

                   唇?が魅力のオオウナギ ウナギとの差は亜熱帯の生態の為、多少の温度管理が必要な事と愛嬌のある顔つきでしょうか。 肉食傾向が強く口に入るサイズならば何でも食べます。中でもカニが好物というグルメです。 カニクイという地方名があるほどです。自然化では2mになるものもいるようです。 入荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅シュリンプその後

以前紹介しました真っ赤なシュリンプは紅シュリンプという名前になるようです。 なんとなく「べに」と読みたくなりますが、読み方は「くれない」です。 台湾では極火蝦だとか。 良い赤です。 稚エビが輸送途中に増えたので心配しましたが、順調に成長中です。 生まれて数日は色がついてませんでしたが、徐々に色彩が出てきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマツカと水草

カマツカが手当たり次第掘り返してしまいました。 カマツカは砂の汚れに敏感ですが、性質も大人しく、柄も美しい魚です。 餌を探して砂を噴いていく動きは魅力です。水草水槽はあまりお勧めできませんが… 気のせいか申し訳なさそうにしていたので移動しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラスコモ

先日ブログで紹介したシャジクモですが、どうやらフラスコモと呼ばれるもののようです。 シャジクモに対して、2回枝わかれしているのが特徴です。 珍種ですが、育成は容易です。 施設整理中に出てきた水草なので、産地を思い出し中です。 フラスコモ属は多数あり、同定が難しいのでspでの販売になると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more