テーマ:淡水魚

ナカムラエ

セボシタビラです。今日のお昼に撮りました。 この紅白好きの日本人を見透かしたような配色は何度見てもすばらしいです。 思ったより髭が長くてイケ面でした。 元親は熊本県産です。F5とか6とかだと思います。 種親とった場所は意外にも3面護岸だったのですが、今も無事ならいいのですがねえ。無理だろうなあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨシオがヨシダにヨセヨと言ったとか言わないとか

「食物連鎖の上の方!」 そんな感じに見えるではないですか。 ところがどっこい(完全なる死語)珍しく時事ネタと見せかけて普通な川日記的に語ります。 まあこのヨシオも2センチを超えました多分。 塩分濃度は相変わらず0.3%ぐらいだと思います。 最近はボーフラ湧かしてあげてます。というか雨水が入ってしまった容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のクチボソ

また川日記がドブ日記になってしまった。 なんとかごまかさなければなりません。 ということで何の得にもならないシリーズ第二弾をお送りします。 16日孵化のクチボソです。ストーンと比べるとこんな大きさです。 孵化当日です。 団子状になってピコピコしてます。 2日目です。まだヨークサックをつけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~知事への提言編の続き

ドブの収穫物その1 メダカです。綺麗なオス個体です。 今シーズン初の満点を叩き出したメタンぶくぶく系の水門にて採集いたしました。 こんな場所です。写真からはわかりにくいのですが、小魚の群れがあちこちにありました。今は周りの水田でじゃんじゃん水を流しているので上流域から流されてきたのだと思います。 何匹か見ましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~知事への提言編

これは4/30付け川日記「続、今日のドブ川~新河岸川編」でのコメント欄に知事への提言のリンクを貼ってくれた方がいらっしゃって、すぐに書いたものです。 -------------------------------------------------------------------------------------- は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~ビオど~ぶ編

ドブは今、ゴミぞ漂う皐月かな 世間はもうキンカンキンカンうるさいですよね。謀反起こしちゃうぞ! ・・・ うっかり居眠りをして見逃してしまったのですよ。 当日は相当すねていたのですが、まだそんな話をする人がいるので「今日のドブ川」で謀反を起こしたいと思います。 これは実は4/8に撮った写真で、埼玉県の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっとがんばれ!ヨシオ君

私は今燃えている。 なんの得にもならない繁殖に! 4月14日生まれらしい。 名前はヨシオである。 ♀だった場合も押し通すつもりである。 完全にトビになってしまったので隔離中である。 ちなみに生まれたてはこんなにも貧弱である。 ひんじゃくひんじゃくぅ~ この繁殖は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こないだの清流~リバーとトゥギャザー編

ペアレントアングリールック! ナイスサーイズ! え~これらは大昔の当社養殖個体の写真です。 アクアライフ5月号見ていただけました? 私の玉砕した姿を。 実は「リバーとトゥギャザー」にご同行させていただいたのですよ。 狙いは紙面でご覧の通り移入オヤニラミなのですが、 「捕れるかわかりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~ビオトープ編

これはまたすばらしいドブですね先生! みたいな品評会でもあればなあと最近思わなくも無いです。 まあ何が驚くってこの脇にこの看板が立ってるって事ですよ。 「新河岸川ビオトープ№18」の写真です。 ここはいるだけで臭いました。 ビン、カン、そしてチャリ。 ドブにはなくてはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続、今日のドブ川~新河岸川編

さて、一通りがっかりしたところで今回の目玉の一つである遊歩道を散策してみます。 入ってすぐに若干ドブ水質のなんちゃって石舗装を発見いたしました。 ドブなのになまじ綺麗に舗装するものだからこのようにお子様達が近づきます。 せっかく水遊びをしようとしているのに臭い水だとかわいそうなので早急になんとかして下さい。 そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日のドブ川~新河岸川編

これは新河岸川という名前のどぶ川です。 イベントに行く途中の社員からなにやら川に関しての式典があるとの報告があり、急遽駆けつけた訳です。 この周辺は近所でよく通るのですが、数年前に水門が作られ、同じ場所を工事していたので地震に対する橋脚補強かなとも思っていたのですが・・・ 船着き場なのだそうです。まあドブ川なんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

皆様、この年の瀬なのにまずお詫びから入ってしまいます。 後半のブログ、twitterの失速の様は本当に申し訳ございませんでした。 そんな申し訳なさからとりあえず今年撮った私が思う最も美しく且ついろんな意味でのすれすれな自分らしい写真を選んでみました。 さて私は物心ついてより数十年河川や湖沼などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケのつぶやき その59 川丼

こんにちは タケです。 今回は休日に川に行って採集をしてきたので、それを食してみることにしました。 最近腹の具合も悪く粗食を心がけているので、焼き魚とご飯と味噌汁という至って純和風な私たちの遺伝子をくすぐる素敵な食事となりました。 採集してきたものはテナガエビとカマツカとカジカです。 カマツカは現在あまり食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の思ひ出「琵琶湖はいいよな~」

琵琶湖はいいよな~ 遠いけど。 琵琶湖はいいよな~ 広くてわけわかんないけど。 琵琶湖はいいよな~ 湖の中に重機ばんばん入れたり鉄板埋め込んだり、霞ヶ浦みたいにいじめられてないから。 「くたばれアサザプロジェクト!」 さてそんな訳で堂々と悪口からはじまるわけですが、 秋になり、何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼニタナゴの法則

さて、気がつけば8月も終わりです。 良い子のみんなは宿題終わったかな? 僕は夏休みの宿題は9月に入ってもやっておりました。 絵とか。せんせえにビンタくらいながら。 今も月末の書類は遅れがちです。お取引先の皆さんすいません。反省してます。 むしろあの、ビンタで済むならそれで。 しかしなんといっても、この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

埼玉のマムシ

それは今日のけだるい休み時間の話し 新人:「ボス、昨日川で遊んでてヘビ捕まえたんですけど。」 私:「ああそう。」←興味なし 新人:「泳いでたんですよ。」 私:「じゃあシマヘビかヤマカガシだろ。」←興味なし 新人:「綺麗なヘビでしたよ。」 私:「じゃあヤマカガシだろ」←興味なし 新人:「ニシキヘビみたいな綺麗な柄があるんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりです。

お久しぶりです。旧人です。 遅れましたが、Twitterなるものがはじまりました。 暑くなると寝るのが早くなってしまうのと体力がきつくなってしまうので、なかなかブログが書けずにいたのですがその変わりと言っては何ですが、新人が気を利かしてこのように設定してくれたのです。 ただ超アナログな私は使い方があっているのか不安で仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウズハゼその2

出荷のパッキング時に撮りました。 実は水中ではなくビニールの上に張り付いています。 「とうっ」という感じで張りつきます。 胸鰭と口で張り付いているようにも見えますが、胸鰭の吸引力が非常に強く完全に壁を捉えます。 吸着力に話が及びがちなのですが、実は彼らのすごい所はこれだけではありません。 遊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカナマズ→チャネルキャットフィッシュ

Channel catfishと書きます。 channelとは水路のことで、水路に結構いるからこの名前がついたとか聞いたような気がします。 水路といっても日本のよくみる小さな用水路ではなく、どちらかというと運河のようなUSAサイズの水路だと思います。 もう5年ぐらい前だったと思いますが、霞ヶ浦の用水路でタナゴを釣っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スモールマウスバス

この絵が気に入ってついパンフを持って帰ってきてしまいました。 ご存知の方も多いと思いますが、ブラックバスという言い方は多くはラージマウスバス(以下ラージ)とスモールマウス以下(スモール)を指します。 ちなみにフロリダバスはラージ扱いでいいと思います。 上の説明にありますように、なんといっても冷水、流水対応と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウズハゼ

ボウズが上手に上部を目指す図 いつみても変な顔です。 このように軽くプラケースに入れて撮影をこころみても今のような温度だと脱出をこころみられます。 ですので飼育の際は、水槽に慣れていないうちはガラスの隙間からでも平気で飛び出すので要注意です。 しっかり口と胸鰭で貼りつきます。有名な話ではありますが、この二つを使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボシタビラ 2011 5/21

セボシはついこの間まで色が自粛気味だったのですが、昨日今日の暑さでいよいよ本気を出してきました。 オスは成熟するにしたがい、その名前の由来の背鰭基部の黒点が消失していきます。 これから1ヶ月ぐらいはすばらしい婚姻色を見せてくれると思います。 タビラ系の発色はボディーのメタリック感も手伝って、発色自体も非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサザについて思ふ事

出荷の用意も終わり、夕方ふと気がつくと水生植物がストックのくせに結構いい感じだったので撮りました。 これはタケ君が時間が空けばひとつひとつ鉢植えにして並べていっているのです。 本人は特に配置に気を遣ってないそうですが、無作為に並べてあるにしては結構絵になる気がします。 しかし特筆すべきはアサザの大きさで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィールドその2

去る15日の日曜日またまたフィールドに行ってきました。 またしても遊んでいた時間より、運転時間が長い旅でしたが、やはり現場は最高です。 青い空に、植林地獄のない山、いいところです。 昼過ぎにまずこの場所で採集です。 早速この辺で捕れた生物を紹介していきましょう。 シマヨシノボリです。ピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 追憶編

「伝説の逆転さよなら満塁ドブ川」 そんな称号がふさわしい実に不愉快なドブ川です。 生活排水と上流からこれまた生活排水を程よくブレンドした河川水がちょろちょろ流れ込んでおります。 しかも撮影当時、冬とはいえこの水深数センチのシラサギさんいらっしゃい的なところに驚くべき看板が・・・ いったいこの水路に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県産ヤリタナゴ H23/5/10

ひげ長いですね~ ヤリもいいよな~ 今朝、水換えをしようとストック槽を覗き込んだところ、写真が撮りたくなり衝動撮りしてしまいました。 肉眼ではもう少しグリーンが強く見えてかっこいいです。 角度によって色の輝きが違うところがまたなんともいえないところです。 追星は出てきているので、全盛の7、8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 H23.5/5

                            埼玉県3号                               埼玉県4号 こどもの日なのに・・・ めでたい日なのに・・・ 祝日なのに・・・ GWなのに・・・ この企画です。 「空気読んで下さいよ。」 そんな部下達の声が聞こえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラヒガイ?

おとといの写真です。 これもビブラ(アブラヒガイ×ビワヒガイの略)かもしれませんが、一応今産卵させております。 背中の黒斑がもう少し消えないとだめな気がします。 一応初産なので、もう少し大型化したときどうなるかも見てみたいです。 なにせ初めて飼育、繁殖をしますので・・・ みんなの味方、養殖ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーミィさんのイベント

こんばんは そろそろ眠い代表の中村です。 5月1日にパーミィさんでイベントで、またまたメダカすくいをやらせていただきました。1回200円です。 ご覧のようにただのメダカすくいでは盛り上がりに欠けるに違いないと愚考した我々は、とりあえずお子様達がコーフンしそうなものを刺客として送り込むという力技に出ました。 そう、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年4/30撮影 シロヒレタビラ

昨日のはあれなんで今日は美しいものを。 「ボス、なにやらメダカストック水槽に美しい魚がいるので判別して下さい。」 そんな訳で、私が秋にメダカ水槽に勝手に入れたのは、シロヒレタビラ70%発色(推定)でした。これから追星が出て、さらに真っ青の完全体になります。 このタビラは非常に青が強いのです。 タナゴ類はかなり産卵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more