続、今日のドブ川~新河岸川編

さて、一通りがっかりしたところで今回の目玉の一つである遊歩道を散策してみます。
画像

入ってすぐに若干ドブ水質のなんちゃって石舗装を発見いたしました。
画像

ドブなのになまじ綺麗に舗装するものだからこのようにお子様達が近づきます。

せっかく水遊びをしようとしているのに臭い水だとかわいそうなので早急になんとかして下さい。

そんながっかり感を唯一払拭してくれたのがこの川の崖から何本もしみ出る湧き水です。

画像

遊歩道のいたるところから水がしみ出ています。

画像

この部分の新河岸川右岸が比較的安定した高い土地から崖のような斜面で形成されているため出来るものと推定いたします。

日本の水資源のすばらしさが垣間見られます。というかなぜここを強く主張しないのか全く理解できません。

画像

ちなみにこの写真と上の写真に白いタバコのようなものが写っていますが、タバコです。

比較的新しいのでこの日のものかもしれません。

この散歩の帰り道に歩きタバコでスーツで首から青いヒモをつけた人を見たので何度かちら見したところ、胸からそそくさと灰皿を取り出ししまってました。

この手の服装の方は結構たくさんいてお役所の方だったようなのですが、遊歩道を団体でだらだら歩いて道を塞ぐは、しゃべりはつまらんはで最悪でした。

画像

結構な数で湧き水が続きます。

画像

サワガニがいるんだか、いて絶滅したのかはわかりませんが(財)生態系保護協会のブースに写真がありましたが、この周辺なら生息可能だと思います。

そしてこの流れ、水質、雰囲気から私はある一種の魚類がよぎるわけです。

画像

そうブッダローチことホトケドジョウです。

画像

本流がまともなら生き残っていてもおかしくないと思いますし、荒川水系なので上流からの供給も期待できます。

もちろん本流の水質がまともならの話です。

残念ながら今の水質では秒殺でしょうね。

画像

この辺はさすがに慎重に整備した努力のあとも見られます。
画像

そして最後にまたドブです。秒殺レベルです。

まさにドブに三方を囲まれた湧き水地帯でした。ドブ幕府でも開いてください。

画像


ここが終点です。このようなスーツの人たちがたくさんいたのですが、私の前にいた集団はタバコこそ吸わないものの、一人のえらそうな人に取り巻きの人たちが道いっぱいに広がり景気の良いお話をしておりました。

どこの役所か知りませんが、地域住民とのふれあいとか綺麗ごとを言ってますが私の目には「式典だから仕方なく来た」ようにしか見えませんでした。

画像

階段を上ると出口なのですが、例の集団はお車がご用意してあって本式場の方にお向かいになりました。

本式場ってなんですかね?まあいいです。

最近、公務員の風当たりが強そうで結構同情してたのですが、今回お話したどの方も仕事熱心であるとか自然を本気で考えているとかは全く感じられませんでした。

私はもちろんてくてく歩いて船着場の周辺を収めるべくスタート地点にもどります。
画像

ここが水門なのですが、ご覧の通りひどいドブの上にお子様には非常に危険な状態です。

幸いお父様が出来た方で非常に注意を払っておられたので大丈夫そうでしたが、この造りでは完全にトラップのように見えるのは私だけでしょうか?


画像

水門の入り口です。満点でました。満点ドブです。

画像

ご覧の通り魚影がありません。あるのはたまに浮かんでくるメタンガスのみです。

ドブなので透明度が非常に悪く、これではもしお子さんが足をすべらしても発見が困難になることは想像に難くありません。

近年の水難とドブとは決して無関係ではないでしょう。

画像

船着場です。

画像

そして船着場そのものからドブです。もちろんキョセンさんもいます。

画像

パンフです。アフターよりビフォーの方が美しく感じますが・・・

画像

本気で水辺の再生を考えているのですかね。

水辺には降りられるでしょう。ですがこんな水を誰が触りたいと思うのでしょうか?

パンフレットを作る側の人は、他人に勧めることが出来るようなことかどうか試しにやってみたらどうですかね?

画像


何をおいても水質の浄化が第一だと思います。

親水公園だのなんだのはそれからです。

見てくれだけ整えても無駄な税金を使うだけです。

画像


昨日の式典は、地域の祭り的な要素を取り込んでおりましたが、無駄な公共事業を正当化するため地域の人々を利用している形に結果的にはなってしまったのではないでしょうか。

県の職員の方には上田先生に水質の浄化の方を優先していただくように頼んでおいたのですが、あの面倒くさそうな態度では情報を上にあげない可能性もあるので、県の目安箱的なものがあれば是非投書したいと思います。

そんな訳で「今日のドブ川」シリーズはさらに続行せざるを得ません。

see you next DB!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

にんじゃ
2012年05月02日 12:57
まったくもっておっしゃるとおりだと思います。
「親水」の意味を真剣に考えていただきたいです。

どの程度、本気で見ているかはわかりませんが、
埼玉県のホームページで知事への提言というものを
受け付けているようです。
ぜひ、ご投稿ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/site/teigen/
2012年05月04日 19:39
にんじゃさんコメントありがとうございました。
また知事への提言の情報もありがとうございます。
探す時間が省けてとても助かりました。
先ほど急いで水質浄化こそ第一選択との提言をさせていただきました。
後日全文をブログでご報告したいと思います。
今年は営業時間外でいろいろがんばりたいと思います。中村


この記事へのトラックバック