テーマ:ビオトープ

今日のドブ川~その後のビオど~ぶ

みっ水が無い。もう水自体がない。 えっえ~ビオトープなのに あっあたらしいっ これは斬新。 というかですね。これはメッセージです。 ビオトープというのはですね、もともと全く違う意味で日本で言われるいわゆる「なんとなく水辺空間みたいなやつ」っていうのは違うんじゃないの?本来のドイツ語の意味を考え直してみようよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お魚キラーでゼニタナゴを狙う。

日本全国どこでもだれでも入手可能な通称「お魚キラー」です。 本当にポピュラーな川遊び道具でどこのホームセンターでも釣具屋さんでも売っているものです。 近くの沼でも子供達がこの仕掛けを持って 「こんなの捕れたよお父さん!」 みたいに駆け足で見せにいく姿がふと思い浮かびます。 とても良い自然学習だと思います…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

チュンブナ

中国大陸産チョウセンブナ略してチュンブナです。 タイトルがあぶっあぶっな~い! いろんな意味でひやっとしますね。毎日もう本当に暑いですからね。 先週写真ブログ用に撮ったものですが、タイトルだけつけて放置してたのでそのまま使ってしまいます。 ここらで従来型と大陸型の明瞭な区別点を見つけてやろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クチボソ「スーパーブラック」

超改良品種「スーパーブラッククチボソ」です。キテマス。 嘘をつきましたごめんなさい。 今年5/18撮影シナイモツゴ婚姻色です。ばっちり原種です。 今日は撮りだめしていた写真のいくつかをのっけていこうと思います。 5/16日この婚姻色をばっちり撮影しようと思って容器に移しましたところ、真っ黒だった色がみるみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のヨシオ&ボソオ

こちらがツイッターで大人気のヨシノボリのヨシオです。 もしメスだったら「ちひろ」にします。 ちなみに初産の組のクチボソも立派になりました。 見事に口がすっぱい感じです。 5月16日孵化なので約1ヶ月強になります。 もうだれがどう見てもクチボソです。 こちらは先週産卵した子供たちですが、見事におなかがブライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のクチボソ

また川日記がドブ日記になってしまった。 なんとかごまかさなければなりません。 ということで何の得にもならないシリーズ第二弾をお送りします。 16日孵化のクチボソです。ストーンと比べるとこんな大きさです。 孵化当日です。 団子状になってピコピコしてます。 2日目です。まだヨークサックをつけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~ビオど~ぶ編

ドブは今、ゴミぞ漂う皐月かな 世間はもうキンカンキンカンうるさいですよね。謀反起こしちゃうぞ! ・・・ うっかり居眠りをして見逃してしまったのですよ。 当日は相当すねていたのですが、まだそんな話をする人がいるので「今日のドブ川」で謀反を起こしたいと思います。 これは実は4/8に撮った写真で、埼玉県の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~ビオトープ編

これはまたすばらしいドブですね先生! みたいな品評会でもあればなあと最近思わなくも無いです。 まあ何が驚くってこの脇にこの看板が立ってるって事ですよ。 「新河岸川ビオトープ№18」の写真です。 ここはいるだけで臭いました。 ビン、カン、そしてチャリ。 ドブにはなくてはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川~新河岸川編

これは新河岸川という名前のどぶ川です。 イベントに行く途中の社員からなにやら川に関しての式典があるとの報告があり、急遽駆けつけた訳です。 この周辺は近所でよく通るのですが、数年前に水門が作られ、同じ場所を工事していたので地震に対する橋脚補強かなとも思っていたのですが・・・ 船着き場なのだそうです。まあドブ川なんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきた今日のドブ川

とどろく叫びを耳にして、このシリーズが帰ってきました。 ということではなく、今週月曜日にフィールド記事書こうとしたら見事に惨敗したので、少しでも憂さを晴らしたいわけです。 せっかく渋滞を抜けて良さげな田園ポイントを見つけたと思ったらこの水ですよ。 出ました。「灰色あるいは汚いクリーム色をしたゆらゆらしたもの」 ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバカリと思しきヘビ

いかん暑さのあまりバケツにペロキャンが見える・・・ やや強引な滑り出しです。 どうも旧人です。バテバテです。 どうらやヒバカリというヘビだと思います。 どうも淡魚類以外だと歯切れが悪くてすいません。 実はこのヘビがなぜか人を全然怖がらずに、カメラがぶつかるまで接写可能でした。 せっかくなのでプラケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウダルマタイシと青ダルマメダカの群れ

これは道端で胡坐をかいてワンカップを飲んでいるおっさんではありません。 昨日のトウキョウダルマガエルです。 恐らく前からこの辺をうろちょろしているやつです。 昨日の朝はここにいました。ちなみに足元がぬれているのはおもらしではなくハスの葉に水が溜まってるのだと思います。 昼間は適当に暑さをしのぎ、夕方ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギンヤンマ系のヤゴ

こんな顔をしている奴が悪い事をしない訳がない。 というのは偏見といいたいところですが、事実です。 あくまで魚を特にメダカを殖やしている人間にとってですが・・・ もう少し大型になると思います。 ギンヤンマの仲間にも何種類かいると思いますが、勉強不足で特定できなくすいません。 このタイプはどの種も非常に食欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2色以上のメダカ

「今年はバイあるいはトリカラーのメダカが流行るよ。」 そんな怪しげな噂に、アパレル系じゃあるまいしそんなことあるわけないだろうと思いつつ仕入れてしまいました。 いわゆるMIXメダカから綺麗な柄を抜いてみました。 水槽でみると実に見事なホルスタインカラーなのですが、残念なことにプラケースに入れて写真を撮るとかなりイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーでミユキなメダカ

「スーパー」がやってまいりました。 とりあえず1匹適当に選んで撮ってみました。 横からみても発色部が輝いております。 もっともこの品種は「ヒレ光」でも輝いていますが、なんといっても上から見る方が良いです。 かくのごとき有様です。 ちなみにこの鱗ビカビカ系のメダカというのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウダルマガエル

これは温泉に浸かっているメタボなおっさんではありません。 トウキョウダルマガエルという立派なカエルです。 子供の頃からずっとトノサマガエルと呼んできたので、今でもトノサマと呼んでいます。 今日みたいに思いっきり近づいても逃げない時もあれば、一瞬で姿をくらませる時もあり、結構onとoffが激しい感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀河メダカ

銀河メダカのセルフィンがいたので撮ってみました。 セルフィンとか最近いわれなくなりましたが、昔は結構もてはやされておりました。 サムライとかともいっていた気がします。 熱帯魚のセルフィンとは形態が異なりますので、意外とサムライの方が良いかもしれません。 そう言えば最終的に秀吉とかいいはじめて大変な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花上がりはじめました。

ペリーズ・ベビーレッドです。カールする花びらが美しいと思います。 今年は睡蓮は見事に仕上がっているものが多いです。 ヘルボラです。写真だと白っぽく見えますが肉眼では結構綺麗な黄色に見えます。 かわいい花で葉もあまり大きくならず、小さな鉢しかないけどスイレンの花を観賞したいという方にはオススメの品種です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウキヒ(楊貴妃)メダカ5cm弱

赤ウーメダカです。5cmだけに・・・ こんばんはメダカのことなのに残念ながら旧人です。 昨日のブログは雀士たちの心とオリジアン(メダカ好きな人)の気持ちを繋ぐとてもいいブログでしたね。役で例えるならメンタンピンドラ1です。 さて今日出荷の準備をしていると、「ボス、超デカイ楊貴妃がいたので写真お願いします。」とのこと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人タケの呟き その56 メダカ

こんにちは(こんばんは) 新人のタケです。 最近は時期だということもあってメダカの入荷がとても多いです。 今日もダルマメダカがたくさん入ってまいりました。 結構前からある種類なのに、今年は業者さんたちの間でも買いの方が多くて 「人気なんだなぁ」 ということが実感できます。 このくらいの価格帯のメダカは他にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウネンエビ

先日社内会議にてこのすばらしき田んぼの儚い生物を保存しようという決定が下されました。 その名も「豊年永年私財法」です。 また極寒なことを言い切ってしまいましたが、これは田んぼ土にホウネンエビとカブトエビを別々の発泡スチロールケースに入れ、毎年発生を楽しむといった独創性と経済性のかけらもない今更感がほとばしる企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼの力2011 

いきなりですが宇宙人はいます。 しかも相当な悪意をもって侵略行為を行おうとしています。 というのはうそでこれらはカブトエビがホウネンエビを捕食している瞬間を撮っています。 中央のオレンジ色の物体はホウネンエビの尾で撮影中も休むことなく食べ続けておりました。 真ん中の下にみえるのはホウネンエビの卵です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こないだのドブ川

5/23の撮影です。 この流域は5キロ以上にわたり、全く護岸がない水路でしたが毎冬数キロづつ護岸をしていき、この冬とうとう水路のほぼすべての護岸を終えました。 直ぐ脇にある田んぼの水路へ続く流れ込みです。水質は埼玉県お約束のドブ水質です。 実はこの写真の真ん中付近にメダカをとらえたと思ったのですが、写真が下手くそで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 H23 5/23 

今日は見事ななんちゃて魚道を紹介いたします。 全国的にもこのような、「やっつけ魚道」「魚のことを慮っているつもり魚道」「パフォーマンス魚道」以下略は多いです。 ただこの高低差と狭さで、このような能無し魚道はあまり見ません。 「見ているそばから魚たちが次々と遡上してくるのが見えます。」というようなことはまずないでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちのあまかへる

例年通り田んぼに水が入り、どこからともなくやってまいりました。 どうやら水生植物用の土ストックの中で出られない感じでした。 当初は田んぼの土や荒木田土なども使っていたのですが、一度水が濁ると澄み難いのでいろいろブレンドして工夫して作っております。 水は溜まってないのに、なぜここに飛び込んでしまったのか全くわかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサザについて思ふ事

出荷の用意も終わり、夕方ふと気がつくと水生植物がストックのくせに結構いい感じだったので撮りました。 これはタケ君が時間が空けばひとつひとつ鉢植えにして並べていっているのです。 本人は特に配置に気を遣ってないそうですが、無作為に並べてあるにしては結構絵になる気がします。 しかし特筆すべきはアサザの大きさで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒し~キショウブの花とブラックシャドー

花は癒されますね~ こんな陰気な天気の日にも、私たちのストック場で見事な花を咲かせています。 こちらは一月末にとった親たちの写真です。大きさ的にはほぼ並びました。実にいろいろあった約3ヶ月でしたので、親たちは結構お疲れだったのか数が減ってしまいましたが子供達は元気に育ってくれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のドブ川 追憶編

「伝説の逆転さよなら満塁ドブ川」 そんな称号がふさわしい実に不愉快なドブ川です。 生活排水と上流からこれまた生活排水を程よくブレンドした河川水がちょろちょろ流れ込んでおります。 しかも撮影当時、冬とはいえこの水深数センチのシラサギさんいらっしゃい的なところに驚くべき看板が・・・ いったいこの水路に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チスイビル発進

最近月曜日に半日で仕事をあがり、フィールドに出る事にしています。 昨日なんかは渋滞にはまってしまい、関東なのに往復6時間採集時間1時間というひどいタイムスケジュールでした。 つい撮影そっちのけで遊んでしまうのでなんなんですが、なかなか春らしい写真をどうぞ ザッツ、チスイビル! 幼い時分、葉っぱがくねくね泳いでいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more