帰ってきた今日のドブ川

画像
とどろく叫びを耳にして、このシリーズが帰ってきました。

ということではなく、今週月曜日にフィールド記事書こうとしたら見事に惨敗したので、少しでも憂さを晴らしたいわけです。

せっかく渋滞を抜けて良さげな田園ポイントを見つけたと思ったらこの水ですよ。

画像
出ました。「灰色あるいは汚いクリーム色をしたゆらゆらしたもの」

ドブといえばもちろんこの人です。今後キョセンさんと略します。

画像
この用水の本流です。オオカナダモの茂みがちょこちょこあるので、冬場水枯れもしてないようですし雰囲気的にメダカが群れててもおかしくなさそうですが、メダカはおろか魚類の影がありません。

そこそこあたたかい日だったのですが、第一ポイントまさかのノーフィッシュです。

正直近くに民家がほとんどないところで、何かいるだろうと思ったのですが水質が悪すぎました。

立っているだけであの石鹸と何かが混ざったような独特のドブの香りが漂ってきます。

車の中がドブ臭でいっぱいになることが恐ろしいし、日暮れも近いので移動しました。

画像

車を走らすこと20分。今度は臭くなさそうな田園地帯を見つけました。
画像

そしてこの枡の中でいきなり青サワガニ発見をします。

このときの模様はツイートしたのですが、実はその後死体であるとわかりました。

画像
がそこで私は本当に恐ろしい発見をしてしまいます。

カニに何か着いているではありませんか!

見なかったことにして下流の枡で網を入れます。

画像
叫びました。人気のいない山中にて。

しいて言葉にするなら「ひ~」ですね。

アカガエルの卵らしきものがあったので、勇気を出して写真を撮ったのですが、むしろ不味い感じになってしまいました。
画像


そんな訳でこの日の成果
・青サワガニ(死体)
・トラウマになりかけたこと
・キョセンさん
以上です。

そんなことになったのもはじめのドブのせいなので、健作さんは青春追っかけてる暇があったら、生活排水なんとかして下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック