新人タケの呟き7 野良グッピー(ワイルド?)

こんにちは
新人のタケです。

今回は前回紹介したヌマムツと一緒にとってきた野生のグッピーを紹介したいと思います。
これを書くに当たって色々なサイトをみていたのですが、ワイルドグッピーと2005年まで呼ばれていたグッピーのエンドラースという種がその年からエンドラースという新しい分類をされる事になったらしくワイルドグッピーというのは存在しないと言う事でした。なので野良犬みたいなものですし、社内で野良グッピーと呼ぶのが定着しています。
「在野グッピー」という声もあがりましたが、三国志マニアにしか通じないので流行りませんでした。(補足:社内のマニア率は66.6%)

こんな魚です。

画像


画像


ちょっと暖かい川(生活排水や工業排水がながれているような)などにペットとして飼われていたグッピーが放流されてしまって生き残っていたグッピーが交雑してしまったものらしいです。

温暖化も進んでいるようなので、これからの日本の河川には結構簡単に定着してしまいそうです。

グッピーは日本の生き物ではないので非常に残念なことに思えます。
特定外来種としてどうこうとはまだ言われるほどでもないようですが、そこそこ網に入ってくるのでそういわれる日は遠くないかもしれませんね。

川で取ってきたばかりの時は、自然環境下で暮らしていたのでヒレなどが短くすばやいのですが、水槽に入れるとヒレが少し伸びてきたように感じます。
安全な環境だと気が緩むのでしょうか。

メスはカダヤシにそっくりで可愛くありません・・・。
こんな感じです。

画像


綺麗なグッピーも社内にいるのですが、自然環境の中の生態系が好きな僕には、野良たちが可愛く見えてしまいます。

増えられてしまうとそれはそれで困りますが(笑)
しばらく水槽の中で観察してみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック