山陽小型の子供達

見事にブログが滞りました。すいません。

このシーズンは各種産卵期に突入してしまうため、スタッフ総出で容器や水槽を洗ったり、移動するのに大変なのです。

そんな嵐のような日常の夕方にふとスイレンストック槽をのぞくと、まるでシロウオのような透明で細長い小さな生き物がぴろぴろ泳いでいるではないですか。

温度も高くなっていたので、急いでプラケースに収容して室内の水槽に入れました。

去年湿地状の場所を作り、山陽小型を殖やしたのですが、一時的にスイレンを置いたときに、卵が着いてしまったのでしょう。
画像

なまいきに小さいながらも各ヒレに特徴が出てきております。
画像

画像

水槽に入れると、とても落ち着いてくれました。
画像

確かこの種もレッドデータブックでやたら貴重な感じにされてしまいましたが、ほんの小さなスペースでも殖える種です。
しかし現在主流の乾田タイプの田んぼでは確かに絶滅寸前でしょう。
今年から自家繁殖分は販売いたします。水槽内での繁殖はかなり難しいですが、比較的報告例がありますので是非挑戦してみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック